質屋営業法とブランド買取、一見それぞれのイメージが違うような文面が並びますが、実は意外と密接に関係しているのです。質屋営業法の説明に入る前に、ここで質屋のシステムについて確認しておきましょう。
質屋は、ブランドなどの物品を担保として店に預け、店は代わりに金銭を融資します。このとき、店が融資する金額は、預かった物品の市場価値によって大きく変わります。店は物品を預けた人に対して返済期間を設け、返済期間までに貸付額と利息を返済すると物品を返してもらえます。利息のみの返済であれば物品は返してもらえませんが、返済期間の延期ができます。物品を返してもらうのを諦めた場合は、物品は質屋のものになりますが、融資してもらった金銭及び利息は一切返済しなくてよくなります。これが、質屋のシステムになります。
そして、質屋を営業するにあたっては各都道府県の公安委員会の許可が必要となります。この法令が定められているのが質屋営業法です。現在営業している質屋は質屋営業法に基づいて営業許可が下りているはずです。店頭など、わかりやすい場所に営業許可番号が掲示されていると思います。これがない店は法令違反により罰せられるため、悪質な偽装質屋と思ってもらっても良いでしょう。そして、ブランド買取を行う店は、もともと質屋からスタートした店ということがあります。
また、買取と質屋の両方を営んでいる場合もあります。その場合は質屋営業法だけでなく古物商の許可証も必要です。どちらか欠けていても法令上違反となるため、悪質な店の見分け方として十分に役立つことでしょう。